Meraki MX のモデル選び方

Meraki MX のモデル選定方法は MS よりも遥かに簡単です。MX は使用できる機能が全てのモデルで統一されているので、スペックで選択する必要があります。アクセサリも MX の場合は簡単です。もちろんエントリーモデルである MX67 や MX68 はLTE や無線が付いたモデルがあるので、50 クライアント以下の拠点では用途に応じて選ばなければなりません。MX の選定で悩んでいる人は少ないと予想していますが、正しいモデル選定を行うためにも、この記事で選定となる軸を紹介したいと思います。

スペック

MX では以下の 2 つの質問をすればモデルが決まります。

  • 拠点のクライアント数はいくつか
  • VPN トンネル (クライアント VPN + 拠点間 VPN) 数はいくつか

各 MX のスペックをまとめた表は下記になります。W は Wi-Fi モジュールが付いたモデル、C は SIM カードを挿せば LTE を使用できるモデルになります。

モデルクライアント数VPN トンネル数メモ
MX645050 
MX64W5050 
MX655050PoE ポート有
MX65W5050PoE ポート有 
MX675050 
MX67C5050アンテナは取り外し可
MX67W5050 
MX685050PoE ポート有
MX68W5050PoE ポート有
MX68CW5050アンテナは取り外し不可
MX7520075PoE ポート有
MX84200100ファンレス 
MX85250200ファンレス
ラックマウント用金具別途購入
MX95500500ラックマウント用金具別途購入
MX100500250 
MX1057501000ラックマウント用金具別途購入
MX25020003000 
MX450100005000 

MX67 でのクライアント数の上限は 50 台となっていますが、51 台目を繋げたからといって必ずパフォーマンスイシューが発生する訳ではありません。ですが、Meraki としては絶対に守ったほうがいい数字となっています。2 つの数字を守っていれば、パフォーマンスイシューに陥ることはありません。気になる場合は、Meraki の営業からデモ機を借り、オーガナイゼーション > サマリーレポートの「デバイス使用率」を監視することもできます。

mx_device_utilization.png

アクセサリ

MX のアクセサリで気にするのは電源ケーブルの数と SFP・SFP+ だけです。特に MX250 と MX450 の WAN ポートは SFP もしくは SFP+ が必要になります。また、冗長電源を搭載できるモデルも MX250 と MX450 ですが、冗長電源も付属するので追加で購入する必要ありません。下記の表にも各 MX モデルのアクセサリ情報をまとめてみました。

モデル電源ケーブル数SFP WANSFP+ WANSFP LANSFP+ LAN
MX641✖️✖️✖️✖️
MX64W1✖️✖️✖️✖️
MX651✖️✖️✖️✖️
MX65W1✖️✖️✖️✖️
MX671✖️✖️✖️✖️
MX67C1✖️✖️✖️✖️
MX67W1✖️✖️✖️✖️
MX681✖️✖️✖️✖️
MX68W1✖️✖️✖️✖️
MX68CW1✖️✖️✖️✖️
MX751✖️✖️✖️
MX841✖️✖️✖️
MX851✖️✖️
MX951
MX1001✖️✖️✖️
MX1052
MX2502
MX4502

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.